• 2017.09.16 Saturday
  • -

お助け食材「にら」

三連休初日。

台風前に畑を見に行かなくてはーーと朝は畑。

息子のサッカーの試合、娘のバレエ発表会に向けての練習・・

とあっち行ったり、こっち行ったり。

 

とりあえず、炊けたごはんは全ておにぎりに。

自家製の「海苔のつくだ煮」が子供たちに好評で

おにぎりの具にもリクエストされ、あっという間になくなりました。

 

とっても簡単で、来週の撮影でも作る予定なので、

掲載後にまたブログでご連絡します!

 

そして時間のない日は火通りの良い食材が活躍。

濃い味もあっさり味も受け止めてくれる「にら」は強い味方です。


 

ニラ玉に豚肉やもやしを入れてボリュームアップします。


  • 2017.09.14 Thursday
  • -

牛肉の切り落とし

今日は毎日新聞の取材と撮影。

和やかな撮影で、記者の方はまたもや妊婦さんでした。


撮影後は料理を食べながら

仕事や家庭のことなど、ざっくばらんにお話して

とても良いお時間となりました。

 

さて、そして夕食。

切り落とし肉を軽く成形をして、ビーフカツに。

 

 

かたまり肉よりも断然リーズナブル。


JAPAN MISO PRESS掲載

「JAPAN MISO PRESS」という情報誌に

お味噌を使ったレシピが掲載されています。

 

 

お恥ずかしながら、ご依頼をいただいて初めて知りましたが、

業界含め5万部も発行されているそうです。

 

発酵食品は、少ない材料でも奥行きのある味になるお助けマン。

私は、自家製の田舎味噌、お取り寄せの赤味噌、西京味噌など

常時3種類はストックしています。


  • 2017.09.09 Saturday
  • -

週末

ちょっと油断をすると、ブログの更新が・・

すみません。

 

美味しいものを食べなければ、やはり作れません。

プロが手間ひまを惜しまず作ったごはんに感動したり。

 

 

山盛りの洗濯物にため息をつきつつ、西京漬を作ったり。

 

種まきした畑の間引きをしたり。

 

そして・・お仕事。


オクラの肉巻き

お手伝い。

 

肉巻きはしゃぶしゃぶ用のお肉を使うと

仕上がりの食感がソフトになります。

 

 

板ずりやカット、巻く、など簡単な作業はアレコレ言わずにお任せ。

 

自分の記憶の中では、

新聞を広げてソラマメをさやから出したり、

小さい頃のお手伝いは今でもよく覚えています。

 

なかなかいつもとは行きませんが・・

そんな記憶も子供たちに残してあげたいなぁ

と思います。


明石の鯛

今日はこの料理を作ろう

と買い物をすることもありますが、

食材も出会い。

 

季節やお買い得品などを加味しての

買い物はとても楽しくなります。

 

今日は「明石の鯛のあら」。

 

 

明石海峡の豊富な餌を食べ

激しい潮流を泳いでいた明石の鯛は、

良いものを食べて、運動をしているお魚のアスリート。

 

あら煮にしようかな、

ねぎとしょうがを加えたスープにしようかな。

 

どちらにしても、霜降りをしてから調理すると

鱗がきれいにとれて、臭みのないクリアな味に仕上がります。


苗植え

週末、畑に秋冬野菜の苗植えをしました。

きゃべつ2品種、ブロッコリー2品種、カリフラワー2品種、

ミニ白菜、セロリ、リーフレタス、ねぎ。

 

子供たちと一緒の作業は、とにかく時間がかかりますが、

「ご自由にお持ちかえりください」と置かれている未熟な野菜も

持ちかえりたいと言うので、そういう気持ちも芽生えるのだな、と思いました。

 

なす、ピーマン、赤ピーマン、オクラ、きゅうり。

 

酒、砂糖、味噌、ごま油で味付けした味噌炒めと

塩もみして水気を絞り刻みしょうがと薄口醤油をまぶした箸休め

にしました。

 

どちらの料理も作り置き向き。

あと一品、という時の野菜料理は助かります。


9月3日 読売新聞

本日の読売新聞に「毎日食べたい混ぜごはん」が紹介されています。

 

 

この本では、材料や工程を絞った料理を沢山紹介しています。

 

自分の料理人生を振り返ると、

乳幼児の双子を抱えながらの食事作りが一番大変だったなぁ、と思います。

 

料理はお金や時間がかけられる時、そうではない時、

いろいろだと思います。

 

肩の力を抜いてササっと、時にはしっかり。

ちょっと組み合わせを変えたり、

小さなことでも食を楽しんでいただきたい、

そんな思いを本に込めました。

 

この本でご紹介している「塩」は

私がお取り寄せしている拘りの逸品です。

 

炊きたてごはんと美味しい塩で作る究極の塩むすびも

是非お試しください。


鶏のハーブ唐揚げ

食べきれなかったグリルチキンに

小麦粉ふって唐揚げにしたところ、大好評。

 

今度は初めから唐揚げにしました。(笑)

 

 

タイムやローズマリーといったハーブと鶏肉は

グリルが定番ですが、唐揚げもイケます。


畑しごとスタート

子供が収穫だけではなく、

野菜をイチから育てたいと言っていたので、

以前見学をしていた貸し菜園を契約しました。

 

 

雲行きを見ながら、草取り、肥料まぜ、土ならし、

種まき、ネットがけ、水やりまで終了。

 

興味を持った時が、その時

といつも思うので、今かなと。

 

土いじりセラピー効果も期待して、

小さな菜園生活スタートです。


<< | 2/49PAGES | >>

categories

秋元 薫
料理研究家、米・食味鑑定士、ごはんソムリエ。
著書 『帰ってから15分でできる! 夜ラクごはん』(ナツメ社)、『毎日食べたい 混ぜごはん』(すばる舎)

kamado(公式webサイト)
アイリス しあわせおこめレシピ
Yahoo!JAPAN 厳選 米100選
毎日食べたい 混ぜごはん
『毎日食べたい 混ぜごはん』
(すばる舎)
帰ってから15分でできる!夜ラクごはん
『帰ってから15分でできる!
夜ラクごはん』(ナツメ社)