夏休みのお助けストック

イベント目白押しの上にこの猛暑の中、

活躍しているのが、手作りごはんのお供。


 

今朝は、カットわかめ、薄口しょうゆ、みりん、いり胡麻で作る「わかめのさっと煮」。

地味ですが、子供は大好き。多めに作ってビン詰めにしています。

朝起きて涼しい頃に6〜7分で作れるのも良いところ。

混ぜごはんや麺類、スープと重宝します。


 

そして「冷凍おむすび」。

こちらは残りご飯ではなく、炊き立てを広げたラップの上に

カップなどで次々とのせ、ギュウギュウせずにフワリとむすぶのがポイント。

 

炊き立てのごはんは、そっと握るだけでお米粒もくっつき、

解凍後もとっても美味しくいただけます。

 

一度に15個ほど作りますが、今スグ!に対応できるお助けマンです。



categories

秋元 薫
料理研究家、米・食味鑑定士、ごはんソムリエ。
著書 『帰ってから15分でできる! 夜ラクごはん』(ナツメ社)、『毎日食べたい 混ぜごはん』(すばる舎)

kamado(公式webサイト)
アイリス しあわせおこめレシピ
Yahoo!JAPAN 厳選 米100選
毎日食べたい 混ぜごはん
『毎日食べたい 混ぜごはん』
(すばる舎)
帰ってから15分でできる!夜ラクごはん
『帰ってから15分でできる!
夜ラクごはん』(ナツメ社)