なすと鶏の蒲焼き風

気温も下がってきて

"ちょっとした一手間"も楽しめる季節。

 

体が和食を求めています。

 

 

「なすと鶏の蒲焼き風」

子供から"なす料理NO.1"のお墨付きをもらいました。

 

皮をむいたなすを水に浸してアク抜きし、

ラップに包んでレンジ加熱。

その後、半分に切ってサラダ油で両面焼き、蒲焼風に。

 

油も少なくヘルシー。

 

このままごはんに乗せていただきます。


秋刀魚の塩焼きを2度楽しむ

秋刀魚は走りで脂ののりはまだまだですが、

どうしても塩焼きが食べたくなってしまいます。

 

 

塩をしておくと臭みが抜けますが、

置きすぎるとふっくらとしたみずみずしさも失われてしまうので、

時間は10〜20分。グリルは余熱をしっかりとして焼きましょう。

 

そして、一度料理したら

次の下ごしらえにもつなげたい・・

というのが主婦の正直な気持ち。

 

うちでは多めに焼いて骨を外して身をほぐし、

和風パスタにします。

 

ペペロンチーノにして青ねぎやカイワレ大根を合わせたり、

バター+しょうゆ+みりん+おろしにんにくソースで

ごぼうを合わせても美味しいです。

 

具材たっぷりが家庭料理。


焼きねぎと秋鮭の煮物 「きぬむすめ」と共に

天然ものしか扱わないこだわりの魚屋さんが近所にあり

いつもおじさんとアレコレ話しているのですが、

 

日高沖の定置網で漁獲される「銀聖」という鮭が

ふわっと上品な香りと食感で、とっても美味しかったです。

 

煮魚には、焼きねぎやごぼうを入れると

魚のクセが抜ける他、付け合せにもなるので一石二鳥。

焼き付けて柔らかく煮込むと子供でも食べられます。

 

今日のごはんは「きぬむすめ」。

ふっくらやわらか。色の白さとあっさりした味わいが

特徴のお米で和食にとても合います。

 

ふっくらやわらか派におすすめの銘柄。


鮭のホイルちゃんちゃん焼き

郷土料理百選にも選定されている北海道の「ちゃんちゃん焼き」。
鮭一匹をまるごと使って作る現地の味は格別ですが、
家ではホイル焼きも手軽。

4月は生活の変化が多い時期なので、
バタバタしている時には、こういうササッとメニューが
お助けマンになってくれます。



お好みの野菜を広げて、鮭、味噌、にんにく、しょうゆ、みりん、砂糖を
合わせたタレ、バターをのせて、酒をふりかけて焼きます。

焼きあがったあとは、鮭をほぐして味噌をからめ、
一味唐辛子など辛味を足しても◎。

炭火で秋刀魚☆

すっかりデイキャンプにはまり、
お天気の良い休日は、公園行く?のノリで
BBQに行っています。



炭火で焼く秋刀魚はやはり格別☆



土鍋ごはんも最高です。


吹き寄せご飯



紅葉した落ち葉を
寄せ集めたような秋の五目ご飯。

きのこ、鶏肉、ぎんなん、人参、油揚げを入れて、
鰹だしで炊きあげます。

落ち葉は子供にとって宝の山。
収集袋を常にバックに忍ばせている私です。(笑)

松茸ご飯

秋の味覚を集結させたバーベキューに行ってきました!

マグロはブロック、魚もおろしてお刺身、霜降り飛騨牛、
サンマに秋茄子、たらば蟹、豆サラダ、サツマイモのオレンジ煮、
キムチポテトのチーズ焼き、ソーセージ、かぼちゃ、豚肉、
チーズと鶏の燻製、海老の香草炒め、ひじきご飯‥



そして焼き松茸!

これを全てバーベキューの場で
男性陣が準備していたのですから、
本当にビックリでした。(除く主人・笑)

焼きそばと松茸半分はお持ち帰りとなり、
我が家でもめでたく?松茸ごはん☆



お弁当にも入れてみました。

| 1/1PAGES |

categories

秋元 薫
料理研究家、米・食味鑑定士、ごはんソムリエ。
著書 『帰ってから15分でできる! 夜ラクごはん』(ナツメ社)、『毎日食べたい 混ぜごはん』(すばる舎)

kamado(公式webサイト)
アイリス しあわせおこめレシピ
Yahoo!JAPAN 厳選 米100選
毎日食べたい 混ぜごはん
『毎日食べたい 混ぜごはん』
(すばる舎)
帰ってから15分でできる!夜ラクごはん
『帰ってから15分でできる!
夜ラクごはん』(ナツメ社)