ビーフシチュー

寒い雨の週末。

美味しそうなブロックのお肉が売っていたので

ビーフシチューにしました。

 

 

お野菜は大ぶりにカットして

火が通ったら一旦取り出し、最後に合わせます。

 

白ごはん、バゲット、どっちも合う・・

娘が味見に何度も訪れ「今日は大盛りで!」と一言。

 

大人は赤ワインかな。


形を見せてきた野菜たち

畑の野菜が少しずつ形になってきました。

 

きゃべつ

 

 

ブロッコリー

 

ちりめんきゃべつ

 

 

先月は虫が大発生し、

種から育てていた野菜が

一週間で食べ尽くされてしまう・・

という衝撃の出来事があっただけに

喜びもひとしおです。

 

2度目の種まきをした作物も順調に育ってきました。


女性セブン掲載

現在発売中の「女性セブン10月19日号」の

中央カラーページにお料理が掲載されています。

 

 

"おかわりが止まらない!ご飯のお供&おかず"5品。

 

どれも簡単で、海苔の佃煮は塩分や甘みを

家のオリジナルにできるので

是非作っていただきたいなと思います。


なすと鶏の蒲焼き風

気温も下がってきて

"ちょっとした一手間"も楽しめる季節。

 

体が和食を求めています。

 

 

「なすと鶏の蒲焼き風」

子供から"なす料理NO.1"のお墨付きをもらいました。

 

皮をむいたなすを水に浸してアク抜きし、

ラップに包んでレンジ加熱。

その後、半分に切ってサラダ油で両面焼き、蒲焼風に。

 

油も少なくヘルシー。

 

このままごはんに乗せていただきます。


掲載のお知らせ

9月29日発売の「開運レシピ」に

お料理が掲載されています。

 

 

運気を上げる食事?とハテナでしたが、

読めばなるほど。

 

地産地消や、丸ごと食べる、

旬の食材や行事食を見直す、といった

少しの意識でできることばかりです。

 

心や体も豊かにすることは

習慣化するといいな、と思います。

 

私は涼しくなり

今一度「だし」を見直しています。

 


おにぎり丸

息子がサッカーの試合。

昼食や軽食用として、おにぎりをたくさん持って行くわけですが、

お友達が「おにぎり丸」を持ってきているから作って〜

と言われ、???。

 

勉強不足で知りませんでした。

冷凍のままおにぎりの具として包める

おかずっぽいラインナップの商品があるのですね。

 

なるほどなるほど。

と野菜たっぷりのカレーバージョンを試作してみました。


 

結果、「ごはんに少し汁がしみ出てたー」・・

 

そうかいそうかい。

次回は改良するよ〜と誓いました。

 

 

おかずっぽい具材を!と親子丼用の小さな鶏肉で唐揚げも。

 

成長と共に、お弁当に必要な要素も変わってくるなーと実感します。


すだち醤油

今が旬の「すだち」。

お友達からいただいたので

昨日は唐揚げにギュッと絞って食べました。

 

「さっぱりして美味しい〜」と好評。

 

 

そして、今日は残りを「すだち醤油」にすることに。

薄口しょうゆ、みりん、昆布、かつお節、すだちのしぼり汁と皮を

冷蔵庫で寝かせます。

 

 

これが白身魚や甘えびのお刺身、生野菜、お豆腐にも

とっても合うんです。

 

涼しくなってくると、

こういうちょっとした仕込みが楽しくなります。


ブランド米

新米が出揃ってくる季節を前に

お米を選ぶ時のちょっとしたお話。

 

お米の特徴を一番表すのは「品種」ですが、

同じ品種の中でも「ブランド米」と言われる

生産地や栽培方法、生産者などを厳選した特別なものがあります。

 

 

こちらは、今や知名度も抜群の『つや姫』。

米作りに最良の環境で作られ、土づくりにもこだわったものですが、

特出すべきは、その粒の大きさ。

1.95mmのふるいにかけて大粒のものだけを厳選しているため、

見た目にもわかりやすい「おー」という感動があります。

 

つや姫は

・冷めても美味しい

・蓋を開けた瞬間ニンマリしたくなるような「白さとツヤ」がある

・中はしっとりとしているのに粒に張りがある

・粘りや味わいが強すぎない

 

こんな特徴があるので、

色々な料理と合わせたり、時間が経ってから食べることの多い

ごはんの撮影の時にもよく使います。

 

人間贅沢なもので、つや姫を食べていると

もっとガツンと「コシと粘り」のあるお米が食べたいな、とか

色々思うわけです。

 

新しい銘柄では、今年は北陸のお米にも注目しています。


 

そして昨日、帰宅すると

窓に何やら紙が!

 

よく見ると、「サンタさんへ」

 

子供たちはサンタさんへの手紙を書き始めていました。

毎年、ここから手紙が増えたり、書き換えられたりしながら

クリスマスを迎えます。

 

今年もあと三ヶ月か・・と実感。


毎日新聞掲載

9/22毎日新聞の朝刊に

銘柄に合わせたお料理のお話などが掲載されました。

 

 

お酒やコーヒーに好みがあるのと同じように

お米にも自分の好みが必ずあります。

 

新聞には手に入りやすい銘柄の味わいを五つ星マイスターの

スズノブ・西島さんがチャート化してくださっています。

 

まずは自分が美味しいと感じている銘柄が

どの位置にあるのかを確認してみるのがオススメです。


ごはんに合うおかず

今日はごはんに合うおかずやお供の撮影でした。

撮影中は余裕があれば、階段の上から覗いています。(笑)

 

秋らしいスタイリングで

とっても素敵でした。


 

そして、昼食も兼ねての試食タイム。

全て「白いご飯に合う」のレシピだったので、

おひつのごはんが空っぽになりました!


| 1/49PAGES | >>

categories

秋元 薫
料理研究家、米・食味鑑定士、ごはんソムリエ。
著書 『帰ってから15分でできる! 夜ラクごはん』(ナツメ社)、『毎日食べたい 混ぜごはん』(すばる舎)

kamado(公式webサイト)
アイリス しあわせおこめレシピ
Yahoo!JAPAN 厳選 米100選
毎日食べたい 混ぜごはん
『毎日食べたい 混ぜごはん』
(すばる舎)
帰ってから15分でできる!夜ラクごはん
『帰ってから15分でできる!
夜ラクごはん』(ナツメ社)